SampleTemplate

HOME

内科とは

内科学(ないかがく、英語: internal medicine)は、主に身体の臓器(内臓)を対象とし、一般に手術によらない方法での診療とその研究を行う医学の一分野。医学において古代よりその基礎中心ともいえる領域。 日本の代表的内科学書、朝倉書店刊「内科学」によれば「内科学は疾病の本態と原因を明らかにし、疾病を発見し、対処して、患者の社会生活を可能な限りに健康的に維持するための臨床科学である」としている。 対照的に外科学がある。 wikiより。主に消化器科 - 循環器科 - 呼吸器科 - 腎臓科 - 内分泌科 - 糖尿病科 - 膠原病科- リウマチ科 - アレルギー科 - 血液内科 - 神経内科 - 心療内科 - 感染症科 - 腫瘍科等がある。 一般的な内科疾患の治療 風邪、扁桃腺炎、発熱、胸痛、むくみ、動悸、疲れ・疲労、だるい、体重減少、立ちくらみ、嘔気、嘔吐、吐き気、胸焼け、食欲不振・減退、肩こり、花粉症、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎など 循環器内科系疾患の治療 狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓弁膜症、不整脈、大動脈瘤、心筋症、心臓発作、 動脈硬化症、急性冠動脈症候群など 消化器内科系疾患の治療 腹痛、急性・慢性胃炎、胃痛、胃・十二指腸潰瘍、下痢、便秘、逆流性食道炎、 過敏性腸症候群、食中毒、胃痙攣、胃下垂、胃もたれ、心窩部(みぞおち)の痛み、 胆石症、急性・慢性肝炎、自己免疫性肝炎、脂肪肝、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変など 呼吸器内科系疾患の治療 咳、痰、気管支喘息、気管支炎、肺炎、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、 肺結核、いびき、睡眠時無呼吸など

 

外科とは

外科学(げかがく、英: surgery)は、手術によって創傷および疾患の治癒を目指す臨床医学の一分野である。外科学は外科的手法を用いる全ての分野を包括する基礎となる学問である。 対照的に内科学がある。 wikiより。主に一般外科(消化器外科) - 胸部外科(呼吸器外科・心臓血管外科)- 乳腺外科 - 甲状腺外科 - 小児外科 - 肛門科がある。 細かく分類すると 整形外科 形成外科 脳神経外科 小児科 産婦人科 婦人科 産科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 精神科 麻酔科 臨床検査科 病理診断科 等がある。 脳神経外科 脳神経外科は、脳梗塞や脳腫瘍などに対処するため、非常に専門度が高く、繊細な技術が必要なことでも知られています。 泌尿器外科と肛門外科 泌尿器外科と肛門外科も別れています。肛門外科はがんなどで腸を失った人の人工肛門の取り付けなども行うため、非常に重要な手術を受け持つ場合があります。 泌尿器科は前立腺がんだけでなく、性病を扱う場合があります。 形成外科 少し特殊なのが形成外科です。怪我や病気で失われた部分の再建手術や、人口器官への置き換え手術を行っています。また、舌がんなど、口の中のがんが発生した場合は形成外科で手術を行うことがあります。これは口腔外科の資格を持つ人材に歯科医師が多く、大型の総合病院に勤めていることが少ないからです。 整形外科 脊椎などの問題や、歩行や運動能力に問題がある場合は整形外科で治療を受けることになります。骨折などにも対処しているため、怪我や事故が原因で診察を受ける人も多いのが特徴です。 美容外科 美容外科は美容目的の手術を主に行っており、保険診療の範囲から外れることが多いのも特徴です。美容外科は夜勤などが行われることが少なく、患者様の容体の急変もないことから人気になっています。ただし、美容外科から他の外科科目へキャリアを変更することが難しい点については理解する必要があります。 小児外科 小児外科は大人と比べて体力がなく、臓器なども小さい子供が相手の仕事になります。専門医が少ないため、非常に需要が高い仕事の一つです。 ひとことに外科と言っても、様々な分野があり、それぞれが細分化されています。学び始めてからイメージが違うということが無いようにしっかりと確認する必要があるのです。

 

院内処方とは

院内処方とは、医療機関内において薬の受け取りが行えることを言います。 一方、院外処方とは医師から処方せんを受け取り、外部の調剤薬局で薬を受け取ることを言います。 また、院内処方は行わず院外処方せんだけで、門前薬局を構えている医療機関のことを医薬分業と呼んでいます。

 

夜間診療とは

休日・夜間診療などは高くつく ... 医師が定めた診療時間外の受診は、初診の場合では850円、再診の場合では650円が加算されますし、これが休日だと初診時2,500円、再診時1,900円、深夜(午後10時から午前6時まで)になると、初診時4,800円、再診時4,200円が加算されることになっています。

 

世界ちゃんとモゲル丸先生の元気なクリニックとは

岐阜市にある内科で 地域のみなさまに 気軽にご相談していただけるような診療所を目指しています。 診療内容としては、 糖尿病や高血圧など生活習慣病や感染症など、 さまざまな内科疾患に対して幅広い診療を行っていきます。 内科とは病気をしたときに最初に受診する診療科です。 熱、せき、胸痛、のど痛、腹痛、頭痛、だるさなどの色々な症状に対して診察します。必要に応じて専門の科に紹介するのも内科の役割です。 また症状がなくても血圧が高い、血糖値が高いなどの治療も内科の役割です。 対象・症状 感冒(風邪)、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、肝炎、感染症など各種疾患。 生活習慣病の予防・治療を行います。 (いくつかの疾患がある方は総合的に治療いたします。) 内科一般外来として、感冒(風邪)・インフルエンザ・高血圧・糖尿病・肝炎・胃炎・甲状腺疾患・高コレステロール・血液疾患・感染症など 、内科疾患各分野の診療しています。 特に糖尿病やメタボリックシンドロームなど、生活習慣病の予防や治療にも力を入れています。 せき・のど痛・熱・はな・腹痛・だるさ・げり・胸痛・吐き気・めまいなどような症状にも対応いたします。 院長は大阪市都島区でも数少ない日本内科学会総合内科専門医です。総合内科専門医はまだまだ数少ないですが、資格に恥じないよう内科疾患全般に精通する医師として努力しています 1.安心と納得の治療 カウンセリングをきちんと行った上で、正確な診療・病身連携をはかり、適切な医療を行います。 生活習慣病、メタボリックシンドローム、禁煙外来 糖尿病、高血圧症、中性脂肪、肥満症、高脂血症、動脈硬化、肝臓病・腎臓病などを的確に診断・治療をいたします。 当院では、最新鋭の血液検査機器を導入し、検査の即時性を追求します。 肝臓病については、専門医による治療を行っています。慢性C型肝炎で以前インターフェロン治療を受けられて副作用に苦しんだ患者さま、まだ一度も治療を受けられたことのない患者さまもぜひ一度ご相談ください。